アディダス「GK GLOVE CHART」2018春夏モデル

アディダスのゴールキーパーグローブをカット別のチャートにしました!

ポジティブカット太い指でも余裕を持って装着でき、素材の大きさを生かして幅広いエリアをカバー

adidas(アディダス)

プレデター TRANS プロ

¥15,120(税込) ¥15,120(税込)
adidas(アディダス)

プレデター TRANS プロ

¥13,608(税込) ¥13,608(税込)
adidas(アディダス)

プレデター TRANS プロ フィンガーセーブ

¥13,608(税込) ¥13,608(税込)
adidas(アディダス)

プレデター フィンガーセーブ ジュニア

¥5,530(税込) ¥5,530(税込)
adidas(アディダス)

プレデター ヤング プロ

¥3,392(税込) ¥3,392(税込)
adidas(アディダス)

プレデター フィンガーセーブ レプリカ

¥5,822(税込) ¥5,822(税込)
adidas(アディダス)

プレデター レプリカ

¥4,850(税込) ¥4,850(税込)
adidas(アディダス)

プレデター トレーニング

¥3,878(税込) ¥3,878(税込)
adidas(アディダス)

プレデター トレーニング

¥3,878(税込) ¥3,878(税込)
adidas(アディダス)

クラシック トレーニング

¥2,906(税込) ¥2,906(税込)

ネガティブカット指にしっかりとフィットし、指との一体感を得られる。adidasの契約選手の約80%はこのカットのグローブを着用

adidas(アディダス)

クラシック プロ

¥9,224(税込) ¥9,224(税込)
adidas(アディダス)

プレデター リーグ

¥6,794(税込) ¥6,794(税込)
adidas(アディダス)

クラシック リーグ

¥6,794(税込) ¥6,794(税込)
adidas(アディダス)

プレデター コンペティション

¥5,336(税込) ¥5,336(税込)
adidas(アディダス)

プレデター ジュニア

¥3,229(税込) ¥3,229(税込)
adidas(アディダス)

プレデター ジュニア

¥3,229(税込) ¥3,229(税込)

ハーフネガティブポジティブカットの幅広いエリアのコンタクトと、ネガティブカットのしっかりとしたフィット感の両方を兼ね備えている。

adidas(アディダス)

プレデター TRANS ハーフネガティブ

¥8,252(税込) ¥8,252(税込)

ロールフィンガー/フィンガーチップタイトなフィット感も残しつつ、心地よい着用感も得られるカット。さらにフィンガーチップはボールへの幅広いエリアのコンタクトも可能

adidas(アディダス)

クラシック ガンカット

¥10,692(税込) ¥10,692(税込)
adidas(アディダス)

プレデター TRANS プロ フィンガーチップ

¥10,692(税込) ¥10,692(税込)

アンブロ

ドイツ発のマルチスポーツブランド。1920年、ドイツ・ヘルツォーゲンアウラッハにて、
兄のルドルフ・ダスラーと弟のアドルフ・ダスラーにより、靴製造会社「ダスラー兄弟商会」を設立したことが始まり。
1949年に兄弟は独立し、アドルフはアディダス社を、ルドルフはPuma(プーマ)の前進であるルーダ社を設立した。
3本線の「スリーストライプス」と三枚の葉をイメージした「トレフォイルロゴ」がブランドアイコンとして有名。
世界中でプロ・アマ、老若男女問わず愛用されている。

LATEST POST

新着記事

2017.11.13
新しきBLUE、「勝色」誕生。 より強く、日本は生まれ変わる。 勝色とは、戦う者のみが身にまとうことを許された、伝統の「藍」。 勝利への執念が染め上げられることで、我々はまだまだ強くなる。 20年分の雪辱は、次のステージできっと果たしてみせる。 狙いをさだめて、牙をむき 先手をとり、勝利する。 もう、今までの私たちではない。 """"""WE ARE THE BLUE"""""
2018.03.21
アディダスのゴールキーパーグローブをカット別のチャートにしました!
2017.11.29
遠藤保仁選手がプロ生活20周年を迎えて実際に試合での着用するスパイクを発売になります。 併せて今回アパレルのコレクションも発売いたします。遠藤保仁選手がアンブロとアドバイザリー契約を結んでから現在まで着用した歴代のスパイクの デザインが施されたメモリアルTシャツをはじめ、スウェットやパーカーに関しては彼のブランドである「Yatto7」ブランドとアンブロとのコラボレーション企画として 発売いたします。手首周りと太もも周りに彼の背番号である7本のストライプをあしらっております。
2017.10.01
靴下専業メーカー武田レッグウェアーがLeg Tool Separation System発案のKAKU SPORTS OFFICE代表 角田壮監氏をサッカーテクニカルディレクターに迎え究極のサッカーソックスを提供!
PAGE TOP